協同組合について

私ども、JPN協同組合は外国人技能実習制度に基づき、我が国の介護技能を諸外国に移転し、人材交流を促すことにより国内外企業の発展と国際貢献に寄与することを目的とした組合です。

外国人技能実習制度は「発展途上国の青年労働者に技能を移転することによる国際貢献」を目的にしておりますが、その他の大きな効果として実習生を受け入れた企業、施設の活性化が期待されています。

技能実習生は実習に対し非常に一生懸命で、技能の習得に大変熱心なため職場全体が実習生たちの雰囲気に影響を受け企業全体の意識向上へと繋がってきます。

そのために重要となるのが私共組合の役割です。

この外国人技能実習制度を確立された制度にするためには携わる諸外国の送り出し機関、実習実施施設、監理団体となる当組合が真摯に向き合い一致したビジョンの基での受け入れを行うことが最も重要だと感じております。

今後は、さらにこの技能実習制度で介護実習生が幅広く受け入れられ、着実に浸透し、さらに国際貢献、企業の発展に寄与できますよう一層の努力をしてまいる所存ですので何卒宜しくお願い申し上げます。

代表理事 井原 健太

名称 JPN協同組合
代表理事 井原 健太
事業内容 外国人技能実習生の受け入れ
共同購買事業 等
所在地 〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀6-3 八丁堀ビル8F
組織図

ページトップ